研究の情報を知りたい 研究部 DOR

  1. TOP
  2. 研究部(DOR)
  3. 公的研究費の不正使用防止について

公的研究費の不正使用防止について

公益財団法人名古屋産業科学研究所では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」 (平成19年2月15日(平成26年2月18日改正)文部科学大臣決定)に基づき、公的研究費(競争的資金等)の 適正な管理や使用に関し、不正への取組に関する基本方針及び関係規則等(法令順守の徹底、責任体制の明確化、 不正防止計画、内部監査体制、内部監査体制、調査対応等)の整備を行い、研究員及び職員等に周知し、外部に公表します。

責任体制の明確化

  • 最高管理責任者
    常務理事:競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う。
  • 統括管理責任者
    事務局長:競争的資金等の運営・管理について研究所全体を統括する。
  • コンプライアンス推進責任者
    部門責任者:競争的資金等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ。

公益財団法人名古屋産業科学研究所における競争的資金等の不正防止に関する基本方針(PDF)
公益財団法人名古屋産業科学研究所における競争的資金等に関する不正防止ガイドライン(PDF)

不正防止計画の策定及び実施

  • 不正の事前防止に期するため、以下の内容で不正防止計画を策定しています。
    ・研究所の責任体系、関係ルールについて周知及び公表する。
    ・競争的資金等を適正に執行・管理する方策を進める。
    ・不正行為に対する通報窓口の設置、調査体制を構築する。
    ・実効性のある内部監査を実施する。

公益財団法人名古屋産業科学研究所における競争的資金等に係る不正防止計画(PDF)

情報の伝達を確保する体制の確立

  • 相談窓口・・・事務処理手続きの相談に関すること
  • 通報窓口・・・不正行為に係る告発等の通報に関すること
     事務局   〒460-0008 名古屋市中区栄2-10-19(名古屋商工会議所ビル)
           TEL:052-223-6639
           FAX:052-211-6224
  • 調査体制・・・不正に係る調査委員会の手続きに関すること

公益財団法人名古屋産業科学研究所における不正行為に関する取扱基準(PDF)

内部監査体制の整備

  • 会計経理の適正を期すること及び健全性を図るため、監査の実施に関して権限を与える内部監査体制を整備する。

公益財団法人名古屋産業科学研究所における競争的資金等の執行に係る内部監査要綱(PDF)

業者の皆様へ

  • ガイドラインにおいて、「取引先業者からの誓約書(本研究所においては「確認書」)の徴取」 が研究機関に対して要請されています。
    本研究所と一定件数以上の取引実績があるお取引様に対して別途依頼することとします。

依頼文書(PDF)
公益財団法人名古屋産業科学研究所との取引における確認書(PDF)
公益財団法人名古屋産業科学研究所との取引に関する基本事項(PDF)

所員の皆様へ

  • ガイドラインにおいて、研究者のみならず競争的資金等の運営・管理に関わるすべての職員に対し、誓約書(本研究所においては「確認書」)の提出を求めることが要請されています。

所員向けの確認書(PDF)

  • 競争的資金等の執行に当たっては、当該競争的資金の補助条件によるほか、研究機関が定めるルールに従って適正に行うこととされています。

競争的資金等の適正な使用のために(PDF)

  • 教育用コンテンツの活用
    文部科学省において、各機関における公的研究費の管理・監査体制のコンプライアンス教育に活用することを目的として 教育用コンテンツが制作され、管理者用と研究者用が用意されているので、適宜参照して公的研究費の適正な執行の参考としてください。

文部科学省:「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に係るコンプライアンス教育用コンテンツ

このページのトップへ