産学連携の情報を知りたい中部TLO

  1. TOP
  2. 中部TLO
  3. 入会案内

入会案内

中部TLOは、事業の円滑な運営と会員の皆様への安定したサービスを提供するために、事業に関わる運営費用の一部を研究者会員、企業会員の皆様に会費の形で負担していただいています。
企業会員のニーズと研究者会員のシーズ・専門性を的確に把握して最良のマッチングが出来るように努めてまいります。中部地域の大学等の優れた知的財産をいち早くご活用いただくためにも「中部TLO会員」へのご加入をお勧めします。

企業会員になるメリット

企業会員は、以下の中部TLOの行うサービスを優先的に受けることが出来ます。企業会員は、これらのサービスに伴う費用負担が原則としてありません。

  • 大学等の知財権(特許、成果有体物、ノウハウ)及び研究技術情報の優先的開示
  • サポインなど競争的資金獲得支援と管理
  • 専門家によるコーディネート、コンサルタント業務(技術相談・技術指導):

    中部TLOは企業ニーズに対応した大学技術者との技術相談、技術指導の支援を行います。さらに、中部TLOは企業が新たな研究開発を進めるにあたり、その目標を達成するために企業に代わって中部TLOのコーディネーターによる支援を行います。具体的な支援内容は、論文、特許、シーズ等の調査、競争的資金情報の提供と申請書作成支援、大学研究者の紹介と大学との共同研究のコーディネート、研究開発パートナーとなりうる企業候補の紹介と企業との共同研究開発のコーディネート、さらにビジネスパートナーの紹介とパートナリングを支援します。
    また、中小企業やベンチャー企業等が将来のための技術開発計画等を作成するための助言ができる大学関係者や専門家の紹介や派遣も行います。

  • 中部TLOの独自プロジェクト(研究会)への参加:連携の新たな形として、中部TLO産学連携研究会を発足し運営を行います。研究会に関する規定は、別途産学連携研究会設置要領に従います。
  • 連携支援:

    連携は、中部TLOが大学シーズ情報を収集・提案するシーズ提案型と、企業からの相談に応じて産学連携を行うニーズ対応型の2通りがあります。いずれも、共同研究、受託研究、研究者の技術指導という形での産学連携を仲介いたします。さらに、連携の円滑かつ効率的な運営のために、中部TLOスタッフおよび技術戦略アドバイザー、研究アドバイザーが積極的にサポートをします。また、サポイン等の公的資金調達の支援も行います。さらに、企業若しくは研究者からの要請に応じて、共同研究のプロジェクト管理を行います。

会員構成

  • 第1種TLO会員(製造業・建設業等)
  • 第2種TLO会員(サービス業等)
  • 第3種TLO会員(事業協同組合)
  • 研究者会員(大学、高専および国立研究機関等の研究者)

会費

詳しくは会員規定をご覧ください。

  • 第1種TLO会員
    大企業:80万円/年, 中堅企業:50万円/年, 中小企業:20万円/年
  • 第2種TLO会員
    大企業:80万円/年, 中堅企業:50万円/年, 中小企業:20万円/年
  • 第3種TLO会員
    組合員10人以上:100万円/年, 組合員10人未満:50万円/年
    (企業会員年会費は年度残り期間が6ヶ月未満で入会の場合、半額とする)
  • 研究者会員(終身会費)
    1口 5万円 (教授は2口以上)
    (研究者会員退会時、入会後10年までは会費を年割で返却する)

技術移転ソース

中部TLOと提携関係にある下記の大学、及び趣旨に賛同する研究者会員の発明・専門技術を提供します。

連携大学 名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、愛知工業大学
岐阜大学、岐阜薬科大学、藤田保健衛生大学
研究者会員から提供される
発明・専門技術
愛知医科大学
愛知学泉大学

会員規定

こちらをご覧ください。

このページのトップへ